言いすぎないこと

言いすぎないこと

聖人君子になんてほとんどの人はなれるものではありません。
日々のストレスのささやかな捌け口として、愚痴を言ったりするものです。
でも、その愚痴って誰かの悪口になっていませんか?
悪口というものは時として大いに盛り上がったり、グループの団結を強めることはあります。
でも決して褒められるものではありません。
そして何より自分のためにならないですね。
それは単純なお話だけでなく、悪口があなたの脳に悪い影響を及ぼすのです。
あなたの発する言葉は、誰よりもあなたに聞こえます。
聞こえたネガティブな言葉は脳を鈍化させ思考力を低下させてしまいます。
悪口や愚痴を言ってすっきりするのも確かですが、脳への悪影響を忘れず、自分自身のためにも言いすぎないように注意しましょう。
悪口や愚痴が少ない人は人間的にも魅力的です。